So-net無料ブログ作成

(わたし) ルーヴル美術館特別展 ルーヴル No.9 に行ってみたいと思いませんか [わたし]

ルーブルの9番目の芸術を知っていますか。

それは、漫画

全然知らなかったです。
興味をひかれて、早速特別展へ。
http://manga-9art.com/

入口
入口.jpg
荒木飛呂彦氏の絵にどうしても目がいってしまいます。
他と比較すると独特ですねぇ。

入るとオブジェが、
正面.jpg横.jpg

印象に残ったのは、
・荒木飛呂彦氏
  ドォォォォ 独特ですね。
・坂本眞一氏
  絵が綺麗ですね。人物に迫力があって引き込まれます。
・寺田克也氏
  メカ(機械)、メカ しいところが好みです。

一通り見て出口に
出口.jpg

坂本眞一氏が描いた菜々緒さん
菜々緒.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

(わたし) Apple Pay dカードキャンペーンのコカ・コーラ自販機を見つけた [わたし]

その日の朝は曇っていた。
駅に置いてきた自転車を歩いて取りに行くにはちょうど良い天気に思えた。
早速支度をし、運動靴をはいて玄関の扉を開けて外に出る。

夏とは思えない涼しい風が吹いており、いい気分で歩き始めるわたし。
しかし、夏を油断してはいけなかった。
歩き始めてしばらくすると、雲が切れて真夏の太陽が顔を出してきたのだ。
じりじりと照り付ける太陽に辟易としながら歩いているわたし。
暑くてどうしようもなくなり、日陰を探して普段通らない路地をゆっくりと歩いていく。

ふと、顔を上げると路地の先に開けた風景が目に入った。
どうやら公園のようだ。
近くにこんな大きな公園があるとは。
公園の遊歩道を進んでいくと、左手に赤い自動販売機が立っている。

近づいていくと、それは、コカ・コーラの自販機。しかも、iDで買えるタイプではないか。
こんなところにあったのか、思わずわたしはつぶやいた。
探している時には見つからず、ふとした時に見つかるものだ。

8月は、Apple Pay のdカードで10本まで無料である。

自動販売機のジュースを眺める。決めた、一番高い160円のアクエリアスにしよう。
ボタンを押すと、電子マネーのタッチ面が光った。
iphoneを取り出し、Apple Pay で指紋認証。画面にiphoneを差し出す。
すると、ピロンピロンといういつもの音が鳴り、ガタンとジュースが出てきた。

ジュースを取り出し、もう1本買おうと顔を上げた瞬間、その文字が飛び込んできた。
”売切”
ついていない。これは、かの有名な何とかの法則というのだろうか。

呆然と眺めていると、ポンという小気味よい音が聞こえてきた。
思わず落としそうになるiphoneをしっかり握って、音のする方を覗き見ると、元気な少年たちがテニスをしていた。
どうりでアクエリアスが減るわけだ。
残り9本は別の機会にしよう。

パーンという勢いのある音を聞きながらその場を立ち去るわたし。
左手にはしっかりとアクエリアスを握って。

(了)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

(本) dele 本多 孝好 [本]

死後、消したいデジタルデータはありますか。

そんなデータを消すことを職業にするケイと祐太郎。

あとは、ケイ曰く変態の姉。

データにまつわる物語が展開されていく。


データは5つ。それぞれについて書かれた連作作品。

1話 60ページくらいで、だいた1時間くらいですっと読めます。

データに隠された意味。それをめぐる人間関係。ケイと祐太郎のかけあい。

なんかもう先が気になっちゃって、半日くらいで一気に読みました。

誰かのために生きること。将来を向いて生きること。

なんか考えさせられますね。

ミステリやしみじみした話が好きな人にはお勧めです。



2017年6月に出たばかりの本多孝好の新刊。

伊坂幸太郎みたいなテイストで、もう少し人間味があるというイメージを勝手に抱いています。両者とも好きでだいたい読んでます。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: